menu close
  • サイトマップ

  • 文字サイズ

  • 音声読上げ

  • 言語選択

  • サイト内検索

ホーム 大町市について 施策・計画・まちづくり 【信濃おおまち みずのわプロジェクト】の発足について

【信濃おおまち みずのわプロジェクト】の発足について


SDGs共創パートナーシップにより育む
「水が生まれる信濃おおまち」サステナブル・タウン構想の実現に向けた
「信濃おおまち みずのわプロジェクト」
を発足しました。


市が策定したSDGs未来都市計画『SDGs共創パートナーシップにより育む「水が生まれる信濃おおまち」サステナブル・タウン構想』の実現に向け、市・サントリー・JTB・八十二銀行・大町商工会議所・市教育委員会が産学官金連携により、SDGsの目標達成に向けたプロジェクトが12月2日に発足しました。

 


 

プロジェクトのコンセプト


SDGs未来都市選定を機に「水が生まれる信濃おおまち」とSDGsの取り組みを積極的に推進している企業が中心となり、北アルプス山麓を起点に、豊かな「水」と育んできた暮らし・風土・文化を学び、自然と人とのやさしいコミュニティを育むことで、市民の皆さんと共に100年先を見据えた「まち・ひと・しごとづくり」を実現しサステナブルなモデルタウンを目指します。
 

共創パートナーシップ

多様な立場の人たちと対話をしながら、新しい価値を「共」に「創り」あげていくことを意味しています。持続可能なまちづくりに向けて、これまでにないパートナーシップの枠組みにより、さまざまな事業に取り組んでいきます。

このプロジェクトでは、100年先の未来へ今と変わらない「水が生まれる信濃おおまち」を届けるために、経済・社会・環境の三側面でのさまざまな取り組みにより、市民の皆さんと共に地域の課題を「協働の力」により解決することを目指します。

みずのわ=「水」の「輪」「環」「和」「W O W 」

 
水を起点としたコミュニティ・仲間たちと共創する=「輪」の意味を持たせるとともに、サステナブル=循「環」型社会の実現への思いを込めました。また、大町の持つ、穏やかさ温かさを表すように「和」の気持ちも込めて。地域の皆さんにもゲストにも驚きと楽しみ=「WOW」のあるプロジェクトを目指します。
 

 

この記事へのお問い合わせ

企画財政課SDGs共創推進担当 内線 591
E-mail: SDGsKYOUSOUSUISIN@city.omachi.nagano.jp

アンケート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。

このページは役に立ちましたか?