menu close
  • サイトマップ

  • 文字サイズ

  • 音声読上げ

  • 言語選択

  • サイト内検索

ホーム 大町市について SDGsに関すること

SDGsに関すること


SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、2015年9月に国連で採択された17ゴール・169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」であり、世界共通のモノサシとして、「誰一人取り残さない持続可能な社会づくり」の達成を目指すものです。
Sustainable Development Goalsの頭文字をとって「SDGs」と表記されます。


SDGsについて(国際連合広報センター のサイトで詳しく見る)外部サイトが開きます。
長野県のSDGsへの取組(長野県から発信するSDGsサイトで詳しく見る)外部サイトが開きます。

 

大町市の取組み


大町市では、第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定に伴い、各施策へSDGsの17 の目標(ゴール)の視点を位置付けるとともに、SDGs の理念に沿った統合的な取組みにより、地方創生に掲げる人口減少や地域経済の縮小の克服、地域課題の見える化や課題解決に向けた体制づくりなど、経済・社会・環境のそれぞれの分野において相乗効果と好循環が生まれるような施策の推進と、大町市と各ステークホルダー※との間において、「SDGs」という共通言語を持つことにより、様々な目標の共有と連携の促進を図り、パートナーシップの深化の実現を目指すこととしています。
※ステークホルダーとは企業・行政・NPO等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者(利害関係者)を指します。  

大町市人口ビジョン及び第2期大町市まち・ひと・しごと創生総合戦略 掲載ページ
第2期大町市まち・ひと・しごと創生総合戦略

 

SDGs 未来都市とは


国では、中長期を見通した持続可能なまちづくりのため、地方創生に資する、地方自治体による持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取組みを推進していくことが重要と位置付けており、地方創生分野における日本の「SDGs モデル」の構築に向け、自治体によるSDGs の達成に向けた優れた取組みを提案する都市を「SDGs 未来都市」として選定されます。

大町市はSDGsの達成に向けて優れた取組を提案する「SDGs未来都市」として、令和2 年7月に他の32自治体とともに、長野県内の基礎自治体で初めて国から選定されました。(平成30 年度は29 都市、令和元年度は31 都市)

【大町市SDGs未来都市計画】の策定について

 

この記事へのお問い合わせ

企画財政課企画調整係 内線 521 522
E-mail: kikaku@city.omachi.nagano.jp

アンケート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。

このページは役に立ちましたか?