menu close
  • サイトマップ

  • 文字サイズ

  • 音声読上げ

  • 言語選択

  • サイト内検索

ホーム 市長の部屋 参加行事の記録 令和3年2月の参加行事

令和3年2月の参加行事

 

 3日、北安醸造株式会社から、自社製造の甘酒が、市立大町総合病院と市社会福祉協議会へ寄贈されました。それぞれの現場で、コロナ禍の中でも地域の医療や福祉を担っている職員への感謝と慰労の気持ちから、地元の酒米を使用した麹100%の甘酒670本を、市長と川上晴夫病院事務長、中村勝彦社協会長へ手渡しました。
 伊藤敬一郎社長は、「栄養豊富な甘酒を、日々ご尽力いただいている職員の皆さんに味わっていただき、少しでも活力にしていただければと思います。」と話しました。
 市長は、「コロナウイルスが蔓延する中、現場に従事する職員は厳しい環境の中、頑張っていただいています。医療、介護などを担う職員の皆さんの元気回復に役立てていただけるよう一人ひとりに行き渡るように配りたいと思います。」と感謝を述べました。

 


 
 

 
 8日、市内の「和食織是」と「山遊食堂 岳」から、オリジナルの冷凍食品と米が、市立大町総合病院へ寄贈されました。コロナ禍の逼迫した現場で医療に従事する病院職員への感謝と慰労の気持ちを込めて、織是の玉城健代表からサバの味噌煮とブリ大根の冷凍食品各25食、岳の関川達也代表からビーフカレーの冷凍食品25食と米100キロが、市長と川上晴夫病院事務長へ手渡されました。
 玉城代表は、「今はコロナ禍で、お店に来ていただくことが難しい状況です。地域の医療を支えていただいている病院職員の皆さんに、お店の味を家でも楽しんでいただければと思います。」と述べました。
 市長は、「医療従事者の皆さんは地域の医療を守るという使命感を持って、それぞれの現場で日夜頑張っています。このような温かい支援が大きな心の支えや励みになります。」と感謝を伝えました。
 



 
 15日、市では、新型コロナワクチン接種準備チームを発足させました。チームは、市民課職員4名と他課から応援に加わる3名で始動し、4月からのワクチン接種の開始に向け、関係機関との調整や接種券の配布など万全な体制で準備を進めます。また、ワクチン接種専用のコールセンター・相談窓口を3月1日から中央保健センターに開設し、市民からの問い合わせ等に備えています。
 市長はチーム職員を前に、「感染を抑止するために無くてはならないワクチン接種に向けて、心を一つにチームワークを発揮して準備に取り組んでいただきたいと思います。市民の皆さんからも大きな期待を寄せられています。自身の体調管理をしっかりしながら、共に頑張りましょう。」と激励しました。
 


 

 28日、市民スキー・スノーボード大会が、鹿島槍スキー場で開催されました。競技は、個人の男女年齢区分ごとのタイムレースと分館対抗の大回転種目で競われ、快晴の中、市内各地からエントリーした子どもから大人まで総勢95名が、全長732メートル、25旗門が設置されたコースを果敢に攻めました。
 市長は、「ウイルス感染症の拡大により、東京オリンピック・パラリンピックが、1年延期となったほか、当市のスポーツ大会も、多くが中止又は延期を余儀なくされ、市民の皆さんのスポーツを通じた元気や絆の創出の機会が失われていることは大変残念です。そのような中、当市の特色あるスポーツのスキー・スノーボード大会が、3年ぶりに開催できるのは、本当に嬉しいことです。日頃の練習の成果を十分に生かし、最高のパフォーマンスが発揮でき、思い出に残る素晴らしい大会となりますことを祈念いたします。」と挨拶しました。

この記事へのお問い合わせ

庶務課秘書係 内線 507
E-mail: hisyo@city.omachi.nagano.jp

アンケート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。

このページは役に立ちましたか?