menu close
  • サイトマップ

  • 文字サイズ

  • 音声読上げ

  • 言語選択

  • サイト内検索

ホーム 市長の部屋 参加行事の記録 令和元年10月の参加行事

令和元年10月の参加行事


  

 5日、市立大町図書館で開館20周年を祝う式典と記念イベントが開催されました。イベントでは、市内8つのサークルが趣向を凝らした読み聞かせを披露し、集まった大勢の親子らが、物語の世界に引き込まれるかのような語りを楽しんでいました。また、市の観光大使の山﨑登さんによる防災を考える講演会も開かれ、取材体験をもとにした貴重な内容と雄弁な語り口に、聴講者は真剣に耳を傾けていました。式典では、図書館の活動に協力貢献された3名の方々と8つの団体に市長より感謝状が贈られました。
 市長は、「平成21年10月の開館以来、市民の皆さんはじめ多くの方々からお寄せいただいたご支援とご協力に心から感謝いたします。今後も、生涯学習を支える拠点として、幅広い世代の皆様に気軽にご利用いただきますとともに、まちづくりやひとづくりに、大いに役立つ施設となりますよう、力を尽してまいりますので、ご理解、ご支援を心よりお願いいたします」とあいさつしました。

 


 

 

 6日、消防フェスタおおまち2019が、国営アルプスあづみの公園大町・松川地区で開催されました。今年で9回目となるこのイベントは、大町市消防団員が中心となり体験活動を通じて、防災意識の向上を図る目的で毎年開催されています。会場では、消防自動車への乗車体験や応急手当や放水の体験、スタンプラリーや縁日広場など様々な催しが用意され、多くの家族連れで賑わいました。
 市長は、「全国各地で自然災害が頻発するなか、消防団員の皆さんには、防災、救命等の崇高な使命感のもと、市民の安心安全のために取り組んでいただき、感謝いたします。災害時の甚大な被害を防ぐには、一人ひとりが災害に備えることが重要です。本日のイベントを通じて、地域の防災意識がいっそう高まり、消防団を取り巻く理解と共感の輪が広がることを期待します。」と述べました。


 

  

 13日、第25回大町市民吹奏楽団定期演奏会が、文化会館で開かれました。大町市民吹奏楽団は、平成6年に発足し、大町市を拠点として、大北地域を中心に演奏活動を行っている楽団です。年1回の定期演奏会をはじめ、お祭りやイベント等での演奏活動を通じて、大北地域を盛り上げています。
 市長は演奏に先だって、「25回目の定期演奏会の開催、誠におめでとうございます。団員の皆さんが協力し合って運営し、共に創りあげる活動を通じて、地域に根差した芸術文化活動を長年にわたり継続されてますことに深く感謝申し上げます。日ごろの練習の成果を十分に発揮されますとともに、団員の皆さんご自身も本日の演奏を楽しんでいただき、また、会場が一緒になって元気がでるような演奏会となりますようご祈念申し上げます。」と祝辞を述べました。


 

 17日、第45回大町市老人体育祭が、大町市運動公園総合体育館で開催されました。大町市老人クラブ連合会が主催し、市内6地区から約400人が参加しました。ラジオ体操で体をほぐした後、ボール入れやボール渡しリレーなど、安全に取り組める5つの競技が用意され、各チーム優勝を目指して楽しみながら競技に臨みました。
 市長は、「体育祭は会員が一堂に会する交流の場として、また健康維持の場として毎年続けられ、今年で45回目を迎えることに敬意を表しますとともに、皆様の元気なお姿を拝見でき、大変うれしく思います。日ごろ鍛えた練習の成果を十分に発揮して、優勝目指して奮闘していただくとともに、おおいに交流を楽しみながら、怪我の無いよう競技に臨んでいただきますようお願いします。」と挨拶しました。
 




 20日、第36回大町アルプスマラソンが、運動公園陸上競技場を発着点として開催されました。大会では、フルマラソンをはじめ、ハーフマラソン、10キロ等、計5種目に北海道から沖縄まで全国各地から3,184人がエントリーし、秋色に染まりつつある北アルプス山麓を爽快に駆け抜けました。大会の運営には、大勢の地域住民も協力し、地域をあげてランナーを歓迎しました。
 市長は、「ようこそ大町市へお越しいただきました。心より歓迎いたします。雄大な北アルプスを仰ぎ見る自然溢れる景色の中、清らかな水や秋のさわやかな空気を存分に楽しんでいただくとともに、一人ひとりの目標に向かって力を尽されますよう、ご健闘をお祈りいたします。」と歓迎の言葉を述べました。

 

 

 26日、集いinときわ シルバーフェスティバルが常盤公民館で開催されました。大町市南部地域包括支援センターが主催し、地域住民の手芸、絵画等の作品展示や大町流鏑馬太鼓、歌謡ショーのステージなどが催され、たくさんの人出で賑わいました。
 市長は、「台風19号により県内各地をはじめ全国で甚大な被害が発生しました。被災された方々へ深くお見舞い申し上げます。災害が発生したときには自分の身は自分で守ることはもとより、隣近所やその地域での支え合いが重要です。このイベントを機会に、楽しみながら広く交流を図っていただき、より強い地域の絆を結んでいただきたいと思います。」と述べました。
 

この記事へのお問い合わせ

庶務課秘書係 内線 507
E-mail: hisyo@city.omachi.nagano.jp

アンケート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。

このページは役に立ちましたか?