本文へジャンプ

冬じたくで凍結防止に備えましょう

◇水道管凍結の原因は?

 気温が氷点下になると、水道管の中の水も凍ってしまいます。すると水が氷になる時は体積が大きくなりますので、その力で水道管やメータを破裂させてしまう恐れがあります。十分注意しましょう。

◇水道管の凍結を防ぐには

◎水道管や蛇口の部分に凍結防止帯や布などを巻いて、その上からビニールをかぶせて保温材がぬれないようにしましょう。
◎ 天気予報(低温注意報など)を参考に、必要に応じて就寝前に不凍栓を使って水抜きをしましょう。
  また、長期間家を空けるときは事前に水道管やトイレタンク内の水抜きをおすすめします。
◎凍結防止帯がしてあっても電源が入っていないと役に立ちません。電源の入れ忘れにご注意ください。

◇水道管が凍って水が出ないとき

◎水道管や蛇口にタオルをかぶせ、その上からぬるま湯をかけてあたためます。
熱湯を直接水道管や蛇口ににかけないでください。管が破裂する恐れがあります。
◎ぬるま湯をかけても水が出ない場合は、大町市給水工事指定工事店へ解氷作業をご依頼ください。

◇蛇口は閉めておきましょう

◎水道管の中の水が凍って蛇口から水が出ないとき、蛇口を開けたまま外出しないようにしましょう。
◎気温が上がると水道管の中の凍った水が溶けて水が出放しになり、屋内を水浸しにすることがあります。
◎特にアパートなどでは、階下まで被害が及ぶことがありますので、くれぐれもご注意ください。