本文へジャンプ

漏水の調べ方と対処方法は

水道が故障したときは

 漏水は、大切な水を無駄にするばかりではなく、家庭の水道料金負担が大きくなります。わずかな漏水でも、そのままにしておかないで、すぐに修理するようにしましょう。
 蛇口からの漏水は、ほとんどの場合、中にある部品(パッキン等)を取り替えるだけで直ります。
 水道メーターボックス内や止水栓、給水管からの漏水は、すぐに修理するようにしましょう。
 自分では手に負えないような場合は「指定給水装置工事事業者」にお願いをして修理をしてもらいましょう。

 漏水が原因となって過大な水道料金の請求が発生する場合があります。状況により修理をしていただくことで減免の措置をとることができますので、上下水道課お客様係へご相談ください。

→水道料金が減免される場合の説明へ

簡単に漏水を知る方法

◎水道メーターで知る
 家庭内の蛇口を全部閉めてから、水道メーターを見てください。
使用水量を示す数字の左下にある、星型をしたパイロットマークが動いていたら、どこかで漏水しています。
◎目や耳で知る
 〇蛇口や壁に耳をあて、「シュー」という水の流れるような音が聞こえるとき。
 〇給水管が埋めてある付近や水道メーターボックスの周りが、いつも湿っているとき。 
 〇下水溝やマンホールに、いつもきれいな水が流れているとき。
 〇受水タンクや高架水槽から水があふれたり、使っていないのにポンプのモーターがたびたび動くとき。
 みなさんの家庭で、水を特別にたくさん使っていないのに、検針の結果、使用水量が極端に多かったり、料金が高かったりする場合は、どこかで漏水していることがあります。一度、漏水を調べてください。
 ご不明点等ございましたら、上下水道課お客様係までお問い合わせください。