menu close
  • サイトマップ

  • 文字サイズ

  • 言語選択

  • サイト内検索

ホーム 市民の方へ 手続き・証明 国保・年金 国民年金 保険料

保険料

第1号被保険者の保険料

自営業・学生などの国民年金第1号被保険者の保険料は月額16,410円です。(平成31年度)


保険料の納付期限は翌月末(たとえば4月分は5月末)です。
付加年金を希望する人は、付加保険料月額400円をあわせて納付します。
※付加年金は、老齢基礎年金と合わせて受給できる定額の終身年金です。
※付加年金額=200円×付加保険料納付月数です。
例:付加保険料を200月納付した場合、200円×200月=40,000円が付加年金として老齢基礎年金に上乗せになります。

保険料前納制度

国民年金の保険料は、まとめて前払い(前納)すると割引になります。

 
納付方法 1カ月 6カ月※2 1年分※3 2年分※4
月々支払 16,410円 98,460円 196,920円 395,400円
前納 現金支払
(割引額)
 
97,660円
▲800円
(6カ月前納)
193,420円
▲3,500円
(1年前納)
380,880円
▲14,520円
(2年前納)
口座振替
(割引額)
 
16,360円
▲50円
(早割)※1
97,340円
▲1,120円
(6カ月前納)
192,790円
▲4,130円
(1年前納)
379,640円
▲15,760円
(2年前納)


※1 口座振替のみ、1カ月の前納制度があります。通常の振替日は翌月末ですが、早割では当月末の振替となります。

※2 6カ月前納は、4月分〜9月分の保険料を4月末までに、10月分〜翌年3月分の保険料を10月末までに納めます。
  口座振替の場合は、4月末及び10月末に口座から引き落としされます。

※3 1年前納は、4月分〜翌年3月分の保険料を4月末までに納めます。
  口座振替の場合は4月末に口座から引き落としされます。

※4  2年前納は、4月分~翌々年の3月分の保険料を4月末までに納めます。
  口座振替の場合は4月末に口座から引き落としされます。

 月末が休日の場合は、翌営業日に振替となります。

保険料の納付方法

現金納付

年金事務所から送付された納付書により、金融機関、郵便局またはコンビニエンスストアの窓口で納付します。
現金納付の場合には、6カ月、1年以外でも、希望する月から翌年3月分までの前納も可能です。
 

口座振替

年金事務所、金融機関または市民課国保・年金係の窓口で手続きします。納付書または年金手帳、通帳、口座届出印をお持ちください。
 

クレジットカード納付

年金事務所または市民課国保・年金係の窓口で手続きします。支払方法は毎月納付、6カ月前納、1年前納または2年前納です。前納した場合の割引額は現金納付の場合と同じになります。
 

電子納付

インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレフォンバンキングパソコン及びpay-easyマーク表示のあるATMなどから納めることができます。くわしくは、ご利用の金融機関へお問い合わせください。
 

保険料の納付期限

・保険料の納付期限は翌月末です。
・早割の場合は当月末、6カ月前納の場合は4月末及び10月末、1年前納の場合は4月末が納付期限です。
・月末が休日の場合は、翌営業日が納付期限です。

この記事へのお問い合わせ

市民課国保・年金係 内線 435
E-mail: k-nenkin@city.omachi.nagano.jp

アンケート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。

このページは役に立ちましたか?