本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の大町市についての中の施策・計画・まちづくりの中のまちづくりからユニバーサルデザイン計画
更新日: 2007年9月6日

ユニバーサルデザイン計画

■「ユニバーサルデザイン」とはなんですか?
年齢、性別、身体、言語など、人々が持つ様々な違いや特性を越えて、「はじめから、できるだけすべての人が利用しやすいように、環境、建物・施設、製品等をデザインしていこう」とする考え方です。
子どもも、お年寄りも、障害をもった方も、外国人も、観光客も。様々な人にとって快適であることを目指して、最近は「まちづくり」の目標として掲げたり、企業でも「ユニバーサルデザイン」商品をつくるところもでてきています。

■「バリアフリー」とは違うのですか?
「バリアフリー」は、主に高齢者や障害者などの社会参加のために、建物の段差をなくしたりしてバリア(障壁)を取除こうとする考え方です。
「ユニバーサルデザイン」は、誰かのためではなく、すべての人にとって利用しやすいように、はじめからバリアをつくらないようにしようとする考え方です。
「バリアフリー」として展開してきたものをさらに広くとらえ、誰もが参加しやすく、暮らしやすい社会をつくるということで、バリアフリーもユニバーサルデザインも目指す社会は同じものです。

大町市ユニバーサルデザイン計画

第1部 基本計画 (385kbyte)pdf
第2部 モデル地区計画(1) (4,328kbyte)pdf
第2部 モデル地区計画(2) (4,748kbyte)pdf
第2部 モデル地区計画(3) (3,808kbyte)pdf
第3部 市公共施設のユニバーサルデザイン化 (3,722kbyte)pdf
資料 (2,535kbyte)pdf
お問合せ
問合せ先: 企画財政課企画調整係 内線 521 522
E-mail: kikaku@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか