本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市民の方への中の選挙情報の中の投票区の変更についてから投票区の見直しについて
更新日: 2013年2月22日

投票区の見直しについて

 選挙管理委員会では、高齢化社会への対応として、投票所施設のバリアフリー化が必要と考えています。
また、投票区ごとにおける選挙人数の差が次第に大きくなってきており、投票区ごとの利便性や公平性の確保、小規模投票区における投票管理者や立会人の選任負担の解消を図ることなどから、投票区の見直しについて検討をしています。

(数値は平成24年3月2日現在のもの)

現状は

 現在は36投票区(投票所)あります。内訳は大町地区7、平地区8、常盤地区6、社地区4、八坂地区6、美麻地区5となっています。

投票区の実情は

 36投票区のうち、最大投票区は第5投票区(大町市役所)が2,405人と最も多く、最少投票区は第12投票区(鹿島生活改善センター)の19人です。また、500人未満の投票区が全体の半数以上(19か所)を占めています。平地区の8投票区のうち5か所、社地区の4投票区のうち3か所及び八坂・美麻地区の全ての投票区が500人未満です。【表1】

 

【表1】選挙人数ごとの地区別投票所数

 500人未満500人以上
1,000人未満
1,000人以上
2,000人未満
2,000人以上合計
大町
常盤
八坂
美麻
合計1936

見直しの目的は

 見直しをすることにより、次のような効果が考えられます。
 ▽各投票所の投票環境の整備が図られる。
 ▽有権者数、投票所までの距離、投票所数の設置状況等による各地区間の不均衡の是正が図られる。
 ▽投票管理者及び立会人の選任並びに投開票事務従事者の確保しやすくなる。
 ▽選挙の管理執行事務及び経理等の合理化が図られる。

 

見直しの方針は

 各投票区の適正規模を、概ね500人から3,000人の範囲内とし、全ての投票区を見直しの対象とします。その中で、現在の投票区域を基本とし、有権者宅からの投票所までの距離、交通の利便性、生活圏、各投票区での有権者数の均一化等を踏まえ、市全域の投票区の公平性に配慮しながら、投票所の環境整備が図られるよう見直します。具体的な見直し(案)は【表2】のとおりです。

 

【表2】見直し(案)

見直しの基準は

 見直しの基準は、次のとおりとしました。
 ▽選挙人名簿登録者数が500人未満の投票区は、原則として統合の対象とする。
 ▽投票所間の距離が比較的近く、有権者宅から概ね3km以内の距離であれば統合の対象とする。
 ▽見直しにより過大投票区(3,000人以上)とならないよう配慮する。
 ▽投票所を変更する場合は、できる限り公共施設を確保し、投票所のスペース、駐車場の確保を図るとともに、有権者が投票所の場所が分かりやすい施設となるよう選定する。

見直しの概要は

 ▽投票所数を現状の36か所から22か所とします。(14か所の減)
 ▽見直しに伴い新たに設置する投票所は、できる限り公共施設とします。
 ▽期日前投票所は、制度が浸透してきていること、また、今後も利用者の増加が見込まれることから、現状のまま3か所(本庁及び八坂・美麻支所)で行います。

見直しの効果は

 ▽見直し後の投票所を公共施設とすることにより、投票所環境の向上(投票所施設場所の分かりやすさ、投票所スペースの拡大、駐車場の確保等)が図られます。
 ▽見直しにより、19か所あった500人未満の投票区は4か所に減少し、各投票区間の均一化や公平性が図られます。
 ▽平成23年4月24日執行の大町市議会議員一般選挙を参考に試算すると、投票所経費(投票所借料、投票管理者及び立会人報酬等)、職員手当(投票所減少に伴う投票事務従事者の減)、その他経費(通信費、事務消耗品、臨時職員賃金等)で合計約210万円の経費を削減することができます。

その他の変更は

 投票区の変更に伴い、ポスター掲示場の設置数も変更します。投票所数が減ることにより、ポスター掲示場数も削減する予定です。現在251か所あるポスター掲示場を、仮に【表2】の内容で見直しを行った場合、公職選挙法に基づいたポスター掲示場設置数は166か所となり、85か所の削減になります。平成23年4月24日執行の大町市議会議員一般選挙の執行費で比較すると、約327万円の削減となります。

今後の進め方は

 市民の皆さんのご意見を伺うため、意見公募(パブリックコメント)を実施します。ご意見をお伺いした上で再度検討し、選挙管理委員会で最終決定後、平成26年任期満了の大町市長選挙から実施していく方針です。

意見の提出方法

 ■募集期間:平成25年3月1日(金)から平成25年3月31日(日)まで
 ■募集方法:任意の様式に、ご住所、お名前をご記入の上、郵送、FAX又は電子メールで提出してください。

         (電話・口頭によるご意見はお受けいたしません。)
 ■提  出  先:〒398-8601 大町市大町3887番地 大町市選挙管理委員会
          電   話:0261-22-0420(代表)内線511・518
          F  A  X:0261-23-4304
          電子メール:senkan@city.omachi.nagano.jp  件名は「投票区の見直しについて」としてください。

 ■そ  の  他:募集した意見や回答結果は、広報おおまち及び市ホームページにて公表いたします。住所・氏名は公表しません。

お問合せ
問合せ先: 選挙管理委員会 内線 587 518
電話番号: 0261-22-0420
E-mail: senkan@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか