本文へジャンプ

議会改革について

 『市民に身近な、開かれた議会』を目的とし、平成19年5月に議長が議会運営委員会に対し、次の5項目について諮問しました。
  1. 一般質問における一問一答方式について
  2. 議会開会を知らせる垂れ幕について
  3. 議会のインターネット中継について
  4. 議長への手紙について
  5. 議会のホームページの充実について
 議会運営委員会では、諮問に対し調査・検討をし、平成19年10月に1回目の答申を行いました。
 【第1回答申書】 (12kbyte)pdf

 平成20年11月に2回目の答申を行いました。
 【第2回答申書】 (6kbyte)pdf

 答申を受け、大町市議会では以下のとおり変更しました。
 今後も『市民に身近な、開かれた議会』を目指し、順次変更していきます。

一般質問について 一問一答方式の導入  傍聴者にわかりやすく、かつ議論の活性化、質問と答弁の正確度を高めるため、現在行っている一括質問・一括答弁方式を、議員の選択による一問一答方式との併用制として、平成20年3月定例会から導入します。
質問・答弁の対面方式の導入  一問一答制の導入に合わせ、平成20年3月定例会の一般質問から1回目の質問は登壇、2回目以降は行政側と対面する質問席で行うこととします。
 これにより活発な質問・答弁のやり取りが期待されます。
 質問時間、質問回数の変更 個人質問で一問一答方式を選択した場合は、質問時間のみを20分とする持ち時間制を採用し、質問回数は、多岐にわたる質問答弁となることから、制限しないで行います。
代表質問について  代表質問は、翌年度予算への反映を考慮し、予算編成時期である12月定例会で行うこととしました。
 
議会開催の看板設置
 
議会開会中であることを来庁者に知っていただくため、平成19年12月定例会から庁舎正面玄関前に看板を設置しました。当日の議会の開催内容をお知らせしています。
議会開会中看板
 
 
 
インターネットによる議会中継
 
 
 平成19年9月定例会からインターネットによる本会議ライブ中継を行っています。
 また市役所市民ホールでも本会議ライブ中継を行っており、市役所を訪れた市民の皆さんが視聴できるよう情報発信に取り組んでいます。
 このほか、12月定例会から試験的に一般質問について有線放送による同時中継の運用を開始しました。
 
議会ライブ中継へ(本会議開催日のみ)

[平成20年12月1日 追記]
 平成20年12月から、本会議の録画中継の配信を始めました。
 平成19年5月臨時会以降の本会議を掲載し、順次配信していきます。今後の配信時期は本会議開催後、1週間以内に公開します。

議会録画中継へ
ホームページの充実  
議員のプロフィール
 
 議員名簿については、顔写真と併せて掲載することとしました。これにより議会がより身近なものとなることを期待しています。 
 
議員名簿へ】 
議長へのメール 議会に対するご意見・ご要望などをお気軽にお寄せいただけるよう、議長へのメールを開設しました。
 
議長へのメールへ
議会の情報提供 定例会の会期日程・一般質問の質問項目については、事前の掲載を行っていますが、今後もより早い情報提供に努めていきます。