本文へジャンプ

安曇野アートライン

北アルプスの麓・安曇野の美術館

北アルプス山麓—南は安曇野市から大町市を経て北は北安曇郡白馬村まで、およそ50kmを「アート」をキーワードに結んだ「安曇野アートライン」。安曇野周辺は、美しい自然とともに、数多くの美術館や博物館があることで知られています。南北50kmの間に18館の美術館等が集中しているというのは、おそらく全国でも例がないでしょう。その内容は、ヨーロッパの近代美術から日本の近代彫刻や絵画、山岳美術、絵本の原画、陶器、写真までバラエティに富んでいます。

安曇野アートラインでは、風景もアートのひとつとしてとらえ、北アルプスや安曇野周辺の風景を織り込みながら、点在する個性豊かな美術館等を結んだルートを設定し、安曇野周辺地域全体における芸術文化の連携と発展をめざしています。北アルプス山麓・安曇野周辺ならではの独自の文化観光コースとして、都会の美術館では味わえない、魅力的な美術と自然を満喫していただけます。

 ※安曇野アートラインの公式ホームページはこちらです。


安曇野アートラインは、「安曇野アートライン推進協議会」のもとで運営されています。同会は安曇野周辺の美術館等とそれらが所在する市町村で構成され、平成10年に発足しました。安曇野アートラインマップの発行、安曇野アートラインポスター大賞展の実施、国内移動展「安曇野美術館紀行展」の実施、安曇野サマースクールおよびシンポジウムの開催、共通割引券の発行等、地域における芸術環境づくりの推進とともに、利用者の利便を図るための活動を続けています。