本文へジャンプ

用語の説明

 

■用途地域
建築物を住居・商業・工業などの利用目的ごとに用途を分け、さまざまな用途の建築物が無秩序に混在しないように土地や建築物の利用のしかたについて適正な規制・誘導を行うために指定するのものです。

■建ぺい率
建物の建築面積(概ね1階の面積)の敷地面積に対する割合(普通%で表す)のことをいいます。
建ぺい率(%)=建築面積/敷地面積×100

■容積率
建築物の各階の床面積の合計(延べ面積)の敷地面積に対する割合(普通%で表す)のことをいいます。
容積率(%)=各階の床面積の合計/敷地面積×100

■建築物の高さの限度
第一種・第二種低層住宅専用地域は、最高の高さ10mの指定があります。