本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の目的で探すの中の子育て・教育の中の子育てから特別児童扶養手当・重度心身障害児福祉手当
更新日: 2016年2月18日

特別児童扶養手当

●制度の目的
 精神又は身体に障害のある満20歳未満の児童の福祉の増進を図ることを目的として、特別児童扶養手当が支給されます。

●受給資格者
 手当を受けることができる人は、精神や身体の障がいの有する児童を監護する父もしくは母(所得の多い方)、又は父母にかわって児童を養育している人です。
ただし、次のような場合は手当が支給されません。
○児童が
1.日本国内に住所がないとき。
2.障がいを支給事由とする年金を受けることができるとき。
3.児童福祉施設に入所しているとき。
○父、母又は養育者が、日本国内に住所がないとき。

●手当の支払い
 手当は県知事の認定を受けると、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給され、4月、8月、12月(各月とも11日。ただし、12月期は11月11日)の3回、支払月の前月までの分が受給者が指定した金融機関で支払われます。

●手当の額(平成28年4月から)
区分支給額
1級該当児童1人につき月額 51,500
2級該当児童1人につき月額 34,300

●支給制限
 手当を受けている人やその配偶者及び扶養義務者の前年の所得が一定以上ある場合は、その年度(8月から翌月7月まで)は、手当の支給が停止されます。

所得制限限度額表(平成12年8月から適用)
扶養親族等の数(人)本人
 (円未満) 
配偶者及び扶養義務者
     (円未満)
04,596,0006,287,000
14,976,0006,536,000
25,356,0006,749,000
35,736,0006,962,000
(注)老人控除対象配偶者、老人扶養親族がある場合は該当者1人につきこの額に100,000円(ただし、配偶者及び扶養義務者の場合は60,000円)、特定扶養親族がある場合は該当者1人につき250,000円が加算されます。

●申請に必要な書類
①請求者と対象児童の戸籍謄本
②請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
③所定の診断書(省略できる場合があります)
④マイナンバーカード(個人番号通知カード)【申請者・配偶者・対象児童
⑤申請者の写真付身分証明書又は身分証明書2種類
その他
詳しくはお問い合わせください。

重度心身障害児童福祉手当


●受給資格者
 精神又は身体に障がいのある満20歳未満の児童を監護する父もしくは母、養育者

●対象児童
 国民年金法1級又は2級に定める程度の状態にある児童
 ※福祉施設の入所者、勉学・治療・訓練等のため一時的に市に居住する人は対象になりません。

●支給額
期別支給月支給額
前期(4月~9月)9月10,000円
後期(10月~3月)3月10,000円

●申請に必要な書類
 状況により異なりますので、お問い合わせください。
お問合せ
問合せ先: 子育て支援課子育て支援係 内線 757
E-mail: kosodateshienka@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか