menu close
  • サイトマップ

  • 文字サイズ

  • 言語選択

  • サイト内検索

ホーム 市民の方へ 健康・福祉 介護 認知症初期集中支援チームについて

認知症初期集中支援チームについて

北アルプス認知症初期集中支援チームが設置されました。

 北アルプス広域連連携自立圏事業により、認知症初期集中支援チーム(以下:支援チーム)を、大町市地域包括支援センター内に設置いたしました。

1. 目的

 認知症になっても本人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、認知症の人やその家族に出来るだけ早く関わり、早期診断・早期対応に向けた支援体制を構築することを目的としています。

2. 対象者

 大北管内在住の40歳以上の人で、自宅で生活しており、認知症が疑われる、または下記のいずれかに該当する場合です。

  1. 認知症の診断を受けていない人
  2. 継続的な医療を受けていない人
  3. 介護保険サービスを受けていない、または中断している人
  4. 認知症の症状が強く、家族や周囲が対応に苦慮している人

3. 実施体制

 支援チームは、認知症に係る専門的な知識・技能を有する医師(サポート医)の指導の下、複数の専門職(チーム員)が家族の訴え等により認知症の人等及びその家族に対し支援を行い、自立生活をサポートする役割があります。

 当支援チームは「看護師」「介護支援専門員」がチーム員として配置されており、大北医師会、あづみ病院(認知症疾患医療センター)、市立大町総合病院の各サポート医と連携を取り、支援を行います。

 また、各地域包括支援センターや、地域包括支援センターに配置されている認知症地域支援推進員の協力も得て情報収集
し、認知症状でお困りの人に出来るだけ早く対応出来るようにします。

4. 相談先

各地域の地域包括支援センターか、認知症初期集中支援チームに相談してください。

※詳しくはこちらをご覧ください。

この記事へのお問い合わせ

地域包括支援センター 内線 417 ・ 418 ・ 419
E-mail: tiikihoukatu@city.omachi.nagano.jp

アンケート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。

このページは役に立ちましたか?