本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市民の方への中のくらしの中のごみ・環境の中の環境から堆肥センター
更新日: 2016年10月6日

大町市堆肥センター


大町市堆肥センター
 場所 

 大町市堆肥センターは、循環型社会の構築を目指して平成19年度から取り組んでまいりました生ごみ堆肥化事業を更に前進させるため、PFI事業により施設改修をおこなったものです。

 市内の住民や各種事業者と連携して生ごみの分別・資源化を進め、地元有機栽培農家から需要が高く信頼が厚い、牛糞堆肥の製造も併せて行い、循環型農業にも寄与していくことにしています。


所   在  地  〒399-7301 大町市八坂7805番地 
電    話  0261-26-2755
        080-3718-5936
営    時  間  午前8時30分から午後5時まで
休   館  日  土曜日・日曜日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
指定管理業者  埼玉県熊谷市上之3232番地
         株式会社熊谷清掃社 代表取締役 西野 則幸

施設紹介

 ①敷地面積   1,913㎡
 ②延床面積   約 579㎡
 ③施設構造   鉄筋造 平屋建
 ④主な施設   ・堆肥製造のための生ごみ処理スペース、成熟スペース、籾殻保管スペース、牛ふん堆肥スペース
 ⑤整備概要   ・送風ブロワ ・微生物資材培養器 ・撹拌ホイルローダー ・堆肥袋詰め機 ・事務棟 ・トイレ
 ⑥堆肥製造能力 ・日量 1.5トンまで可能

堆肥紹介

 ■生ごみ堆肥  
   市内の小中学校、福祉施設、大町病院、温泉郷、一部の自治会等から分別収集された生ごみを利用。
   微生物と木のチップを混ぜ合わせたものに、生ごみを投入し、発酵分解させたもの。


 ■牛ふん堆肥  
   牛ふんともみ殻を混ぜ合わせ、5ヶ月程度熟成させたもの。


堆肥販売

  ・堆肥の販売は大町市内の方に限ります。
  ・堆肥の販売については、堆肥の熟成具合に左右されますので、ご希望にそえない場合がありますので、
   あらかじめご了承ください。

  ・牛ふん堆肥については、熟成の都合上、現在春(4月)と秋(11月)の年2回の販売を行っています。
   販売の際は市広報誌に掲載されますので詳細についてご確認ください。

案内地図



お問合せ
問合せ先: 生活環境課環境衛生係 内線 461
E-mail: seikatsu@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか