本文へジャンプ

特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法に基づく給付金制度について

 出生時の母子感染のほか、昭和60年代初頭までに集団予防接種などの際に行われていた注射器の連続使用が原因で、多くの方が
B型肝炎ウイルスに感染した可能性があり、病態区分に応じて給付金等が支給される場合があります。

 給付金対象者となる方は以下の4つの条件を満たす方です。
 1.B型肝炎ウイルスに持続感染している方
 2.満7歳になるまでに集団予防接種を受けた方
 3.昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に、集団予防接種を受けた方
 4.集団予防接種以外の感染原因(母子感染・輸血等)がない
 
 ※給付金対象者から母子(父子)感染している方や給付金対象者の相続人も対象となります。

 給付金を受け取るためには上記の救済要件を満たしていることと、病態を証明するために医療機関などから必要な証拠を収集していただき、国を相手とした国家賠償請求訴訟を提起していただく必要があります。

 リーフレット(685kbyte)pdf

 相談窓口 
 ・厚生労働省 電話相談窓口
  Tel:03-3595-2252(年末年始を除く平日9:00から17:00)

 外部リンク
 ・厚生労働省(B型肝炎訴訟について)



 B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは肝炎ウイルス検診(血液検査)で簡単に分かります。
 大町市では40歳以上で、一度も肝炎ウイルス検診を受けたことがない方を対象とした肝炎ウイルス検診を実施しており、集団検診型(中央保健センターや公民館等で受診)と個別検診型(市内の医療機関で受診)の2種類があります。
 
 ※平成29年度の各種検診のお申込みの受付をしております
  詳しくはこちらをご覧ください。