本文へジャンプ

妊娠届と母子健康手帳の交付

   医療機関で妊娠が確認されると、妊娠届出書 が発行されます。 
  その届出書を持参いただいた人 母子健康手帳 を交付しています。

  母子健康手帳は、妊娠中の経過や出産時の状況、お子さんの成長・発達・発育や予防接種の記録等を記入
  する大切なものです。
 
   原則として、大町市に住民登録している人に交付しています。
   なお、外国語版の母子健康手帳がありますので、ご希望の方は窓口で伝えてください。
  (英語・タイ語・ハングル語・ポルトガル語・タガログ語・中国語版)

    マイナンバー制度の導入により、妊娠届出時に妊婦本人の個人番号の記入とそれに伴う本人確認が
 必要になりました。
下記の持ち物をご確認のうえ、手続きをしてください。

  〇 交付窓口  
大町市中央保健センター

  〇 届 出 人  妊婦本人 又は その家族
          妊婦本人以外の場合は、委任状が必要です  (委任状のダウンロードはこちらから)

  ○ 持 ち 物  
 
持ち物内容
妊娠届出書医療機関で医師等の証明を受けたもの
印鑑スタンプ式以外 
妊婦本人の個人番号を確認できるもの個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載してある住民票など
妊婦本人または手続きに来る人の本人確認ができるもの
顔写真付きのもの:次のうち1点以上
 個人番号カード、運転免許証、パスポート、在留カ  
 ード、身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳など
顔写真付きでないもの:次のうち2点以上
 健康保険証、年金証書、社員証、学生証など
委任状妊婦本人以外が手続きする場合のみ(様式はこちら


妊婦一般健診受診票の交付

  母子健康手帳の交付時に、妊婦一般健康診査受診票をお渡ししています。

   
  妊娠期間中に14回、公費(一部負担)で健康診査を受けることができます。
    受診票は長野県内の契約医療機関でご利用いただけます。
    大町市に住民登録している人に交付します。

妊婦一般健康診査の県外受診について

    里帰り出産等のため県外の医療機関で妊婦一般健康診査を受診する場合は、事前に申請が必要になります。

  ○ 申請窓口   大町市中央保健センター

  ○ 持 ち 物   母子健康手帳、未使用の妊婦一般健康診査受診票申請書様式記入例
           印鑑(スタンプ式以外)、帰省先の住所や受診予定医療機関の名称・所在地等がわかるもの

  ○ 助成のながれ 申請:お早めにお手続きをお願いいたします。

           ②専用の受診票交付

            ③受診:②の受診票をお持ちになり、医療機関で結果等を記入してもらってください。
               健診費用はいったん医療機関へ全額お支払いいただきます。
  
           
④助成の申請:領収書や記入済みの受診票、申請書等をご提出ください。
                   ※申請書類は②の受診票と一緒にお渡しします。
 
                     ⑤審査・決定:審査うえ、助成額を通知します。
                  手続きから約1ヵ月ほどで、口座に助成金を振り込みます。

 

ワード文書妊婦・乳児一般健康診査契約外受診申請書(34KB)

妊婦歯科検診について

  大町市では、妊娠届出の際に妊婦歯科検診の受診票をお渡ししています。
  大北地域内の歯科医院で、ご自身の都合のよい時に受診できます。受診を希望される方は、受診歯科医院に予約をして、
 妊娠届出時に発行する受診票を医療機関に持参してください。

  
○ 対 象   
市内に住所がある妊娠届提出者

  ○ 費 用   自己負担なし  ※必要に応じて検査や治療が追加された場合は、その分の費用がかかります。

  ○ 実施医療機関  大北地域内の歯科医院(安曇総合病院は除く)