本文へジャンプ

インフルエンザにご用心!

 毎年12月~3月頃にかけて、インフルエンザが流行します。インフルエンザは『インフルエンザウイルス』が体に入り増えることで起こる病気で、普通の風邪とは違い、風邪症状に加えて38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。
 インフルエンザ対策にあたっては、すべての年齢の方が注意する必要があります。
 以下の点に注意して、『かからない』、『うつさない』ように十分注意し、感染拡大防止に努めてください。

1.かからないようにするために
 ・うがい、手洗いをこまめに行いましょう。
 ・人混みへの外出を控えましょう。やむを得ず人混みに入るときにはマスクを着用しましょう。
 ・十分な栄養や睡眠により、体力や抵抗力を高めましょう。
 ・乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度を保ちましょう。
 ・ワクチン接種で重症化を防ぐことができます。

 大町市では以下の予防接種の助成を行っておりますので、併せてご覧ください。
   1.高齢者インフルエンザ予防接種
   2.インフルエンザ任意予防接種 

2.うつさないようにするために
 ・具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。
 ・かかってしまったら早めに休養し、栄養・睡眠を十分とりましょう。
 ・水分を十分に補給しましょう。
 ・咳やくしゃみがある場合はマスクを着用しましょう(咳エチケット)。
 ・学校や職場は早めに休みましょう。
 
○中央保健センターでは、季節ごとにお便りも作成していますので、こちらも併せてご覧ください。
 保健センターだより 第2号(冬の健康管理) (715kbyte)pdf 

下記のサイトもご覧ください。
 厚生労働省 インフルエンザQ&A