本文へジャンプ

長野県民交通災害共済

  長野県民交通災害共済組合は、県内の15市(松本市・上田市・岡谷市・飯田市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市)にお住いの方で、会費(1人、年額400円)を支払って会員になっていただいた方が、自動車、自転車などの交通事故で負傷されたときに、入院、通院の日数に応じて見舞金が支払われる制度です。

 注) 大町市にお住まいの0歳から中学3年生までのお子様については、平成25年度4月1日より会費を市が公費で負担し、全員が長野県民交通災害共済に加入してます。(平成25年度4月以降に出生された方は出生日より、転入の方は転入日よりの加入となります)

 また、公費加入のお子様の会員証は団体扱いのため各人に発行されず市が保管しています。
万一お子様が交通事故に遭われた場合は、下記の市役所窓口にて見舞金等の請求手続きをお願いします。
(入院・通院合わせて2日以上で見舞金の対象です)
 お気軽にご相談ください。

 詳しくは、長野県民交通災害共済組合のページもご覧ください。