本文へジャンプ
ジェネリック医薬品について
 ジェネリック医薬品を使用すれば、皆さんが薬局などで支払う負担金が節約できる場合があります。
 まずは、かかりつけ医にジェネリック医薬品の使用を相談してみましょう。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは?

 医療機関で処方する薬には「先発医薬品」と「後発医薬品」の二種類があります。
 先発医薬品は新薬ともよばれ、最初に作られた薬で、開発した製薬会社のみが販売していますが、特許期間が終わると他の製薬会社でも製造、販売できるようになります。
 後発医薬品(ジェネリック医薬品)はこうした特許期間終了後に先発医薬品と同等の効果のある成分でつくられた薬のことをいいます。(厚生労働省に認可され製造・販売された薬です。)

新薬より安い?

 新薬の開発には長い時間と多くの経費がかかりますが、ジェネリック医薬品は研究開発に要する費用が少なくて済むことから、薬価が低く設定されています。

ジェネリック医薬品に変更したいときは?

 かかりつけ医や薬剤師に相談してください。認められれば誰でも使えます。特に持病があって、薬を長期間服用する人にとっては、薬代が安くなる場合がありますので経済的に有利です。
 
 変更の注意点
 すべての先発医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありません。
 ほかの薬などとの飲み合わせが変わってくることがあります。
 医師が、先発医薬品が適切であると判断した場合にはジェネリック医薬品に変更することはできません。
  

 薬の特徴や価格、変更後の注意点などの説明をしっかり受け、納得した上で処方してもらいましょう。

 後発医薬品(ジェネリック医薬品)については以下を参考にしてください。
 ◆
「ジェネリック医薬品の使用促進について」(厚生労働省)