本文へジャンプ

入院時食事療養費の標準負担額

 入院し療養の給付を受けるとき、在宅の患者さんとの公平性を保つという視点から、入院食事代について定額負担していただいております。
 入院したときの食事代は、1食あたり下記の金額が自己負担になります。ただし、住民税非課税世帯の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」か「標準負担額減額認定証」の提示が必要です。事前に申請してください。手続きは、限度額適用認定証をご覧ください。

入院時の一食あたりの食事負担額
一 般 加 入 者(下記の②~④以外の人)1食あたり 460円
③・④のいずれにも該当しない、小児慢性特定疾病児童等又は指定難病患者 260円
 住民税非課税世帯等
(70歳以上では低所得者IIの人)
90日までの入院 (過去12ヶ月の入院日数)210円
90日を超える入院(過去12ヶ月の入院日数)
※長期入院該当の申請が必要です。
160円
 70歳以上の住民税非課税世帯で低所得者Iの人100円

長期入院該当の申請に必要なもの
  • 90日以上の入院が確認できる病院の領収書
  • 印かん
  • マイナンバーがわかるもの
  • 標準負担額減額認定証


65歳以上の療養病床入院時の食事代・居住費の標準負担額


所得要件1食あたり
の食事代
1日あたり
の居住費
一般所得生活療養費Ⅰ     460円※2     370円※3
生活療養費Ⅱ※1     420円※2
70歳未満 低所得・低所得Ⅱ     210円※4
低所得Ⅰ     130円※5
境界層該当者     100        0
※1.施設基準等による一部の医療機関の場合
※2.指定難病患者の方は260円
※3.指定難病患者の方は0円
※4.医療の必要性の高い者の対象の方、指定難病患者の方は90日超で160円
※5.医療の必要性の高い者の対象の方は100円