本文へジャンプ

高齢受給者証

平成26年4月から70歳~74歳の人の自己負担割合が変わりました

 昭和19年4月2日以降生まれの人は2割となり、昭和19年4月1日以前生まれの人は1割に据え置かれます。現役並み所得者の自己負担割合は3割のままで変更ありません。

国民健康保険後期高齢者医療保険
70歳になるまで新たに70歳になる人
(昭和19年4月2日以降生まれの人)
すでに70歳以上の人
(昭和19年4月1日以前生まれの人)
75歳以上の人
3割
(小学校就学前は2割)
2割
誕生日の翌月から2割に
1割
これまでと変更なし
1割
これまでと変更なし
現役並み所得者は3割

 70歳になると、自己負担割合などが記載された「高齢受給者証(緑色)」が交付されます。誕生日の翌月から利用が可能になります。医療を受けるときの自己負担割合が変わるため、その割合がわかるようにするためのもので、病院などの窓口では、必ず高齢受給者証を提示してください。

適用になる時期と更新時期

 70歳になる誕生月の翌月の1日(1日生まれの人は誕生月)から適用になります。
 誕生月の下旬ごろ、郵送でお送りします。
 高齢受給者証は、毎年7月末までが有効期限になっています。負担割合の判定を行い、新しい高齢受給者証は7月末に郵送でお送りします。

申請が必要な場合もあります

 3割負担の方でも、次に該当する方は、申請により2割又は1割負担になります。
 該当する方へは、通知しますので申請手続きをお願いします。

・70歳以上75歳未満の国民健康保険加入者が1人の場合
   該当者の収入金額が383万円未満

・70歳以上75歳未満の国民健康保険加入者が2人以上の場合
   該当者の収入金額の合計が520万円未満

・70歳以上75歳未満の国民健康保険加入者が1人で、後期高齢者医療制度加入者(旧国民健康保険加入者に限る)
 が1人以上の場合
   該当者の収入金額の合計が520万円未満