本文へジャンプ

高額医療・高額介護合算療養費

 医療費が高額になった世帯に、介護保険の受給者がいる場合、医療保険と介護保険の自己負担額(8月〜翌年7月までの1年分)を合算して、下記表の上限額を超えたとき、申請により上限額を超えた分が支給されます。

70歳未満の人

所得要件※6平成26年8月~
平成27年7月の限度額
平成27年8月以降
限度額







※1
901万円超   176万円    212万円
600万円超
901万円以下
   135万円    141万円
210万円超
600万円以下
    67万円     67万円
210万円以下    63万円     60万円
住民税非課税世帯    34万円     34万円

70歳以上75歳未満の人

所得要件※6限度額
住民税の課税所得145万円以上67万円
住民税の課税所得145万円未満※356万円
住民税非課税世帯※431万円
住民税非課税世帯(所得が一定以下)※519万円









  1. 「旧ただし書所得」=「所得※2」-33万円 
  2. 「所得」とは、前年の収入から必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額など)を引いた金額です。遺族年金や障害年金は収入に含めません。扶養控除や社会保険料控除、医療費控除などの「所得控除」は適用しません。 
  3. 収入の合計額が520万円未満(一人世帯の場合は383万円未満)の場合、及び旧ただし書所得の合計額が210万円以下の場合も含む。 
  4. 世帯主(他保険加入者も含む)及び国保加入者全員の住民税が非課税の世帯の方 
  5. 世帯主(他保険加入者も含む)及び国保加入者全員の住民税が非課税で、かつ各所得金額が0円(公的年金の控除額は80万円として計算)の世帯の方 
  6. 所得要件は、計算期間の末日時点で判定します。



申請手続き

 前年の8月から7月までの1年分を、毎年12月以降に申請していただきます。

申請に必要なもの
  • 保険証
  • 印鑑
  • 預金通帳