本文へジャンプ

戸籍届書の本人確認について

 婚姻や離婚など一部の戸籍届出については、窓口に来られた方の本人確認が必要になります。
 本人が知らない間に他人が勝手に届出をしたことによって、戸籍に真実でない記載がされないようにするための法律上のルールとなりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 なお、平日時間外の戸籍届出につきましては本人確認ができないため、後日届出人に対し届出が受理決定されたことを通知します。

対象となる届出

 婚姻届・協議離婚届・養子縁組届・協議の養子離縁届・認知届 ・不受理申出
  • 上記の届出については必ず本人確認を行いますが、上記以外の届出についても本人確認をする場合がありますので、窓口にお越しになる際は本人確認書類をお持ちください。

本人確認の対象者

  • 戸籍届出に氏名を記載した届出人

本人確認の方法

  • 公的機関発行の顔写真付証明書を提示していただきます。
    (例)運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、その他官公署発行の資格証明書など

本人確認できなかった場合

  • 本人確認できなかった場合でも届出はできますが、後日本人確認ができなかった届出人に対し、届出が受理決定されたことを通知します。