本文へジャンプ

「特別警報」運用開始について

気象庁では、平成25年8月30日(金)から新たに「特別警報」の運用を開始しました。

特別警報とは

気象庁はこれまで、大雨や地震などにより重大な災害が起こる恐れがある場合に警報を発表して警戒を呼び掛けてきました。
この警報をはるかに超える激しい大雨や大きな地震などが予想され、重大な災害の危険性が高まっている場合に「特別警報」を発表しことをお知らせし、特別な警戒を呼び掛けるためのものです。
特別警報対象の現象は、東日本大震災や、長野県では岡谷市などで発生した土砂災害(平成18年7月豪雨)などが該当します。

特別警報が発表されたら

  • 特別警報が発表された場合は、数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。
  • 屋外の状況や市から発表される避難指示・勧告などに留意し、ただちに命を守るための行動をしてください。
  • 大雨などの被害を防ぐためには、時間を追って発表される注意報や警報、その他の気象情報を活用して早めに行動することが、あなたや家族の命を守ります。
  • 特別警報が発表された場合には、テレビ、ラジオ、市ホームページ、防災無線、緊急情報メールなどで皆さんに情報をお伝えします。

特別警報の詳細は

発表基準等の詳細につきましては、気象庁ホームページをご覧ください。
 「特別警報について」(気象庁ホームページ)