本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市民の方への中の手続き・証明の中の税金・市の債権の中の固定資産税から固定資産税Q&A
更新日: 2014年1月24日

固定資産税Q&A

固定資産税が今年から高くなったのですが・・・

 固定資産税が高くなる原因として、つぎのことが考えられます。

家屋の新築軽減の適用期間が終了した

平成20年中に住宅(木造)を新築し、平成21年度から平成23年度まで3年間、新築住宅に係る減額措置の適用がされていた場合、平成24年度は適用期間が終了することから、本来の税額を納めていただくことになりますので、平成24年度分から固定資産税が高くなったと感じられるものです。

土地の利用状況が変わった

土地の利用状況が変わると固定資産税の課税が変わることがあります。

たとえば、登記上の地目は農地(田や畑)のままでも資材置き場や駐車場などに使用している場合は、宅地並み雑種地等とみなされることがあるため、固定資産税が高くなることがあります。
お問合せ
問合せ先: 税務課資産税係 内線 447
E-mail: shisanzei@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか