本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市民の方への中の手続き・証明の中の税金・市の債権の中の固定資産税から家屋の評価について
更新日: 2007年11月26日

家屋の評価について

新増築家屋の評価
  固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。
新増築家屋の評価
評価額再建築価格×経年減点補正率

※ 再建築価格とは、評価の対象となった家屋と同一のものを、評価の時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費
※ 経年減点補正率とは、建築後の年数の経過によって生ずる損耗の状況による減価等をあらわしたもの。家屋の種類、構造によって率が異なります。

新増築家屋以外の家屋(在来分家屋)の評価
 3年に1度の基準年度に評価額を計算します。
 評価額は、新築家屋の評価と同様の算式により求めますが、再建築価格は建築価格の変動分を考慮します。
 ただし、上記算式により算出された評価額が前年度の価格を超える場合には、決定価格は引き上げられることなく、原則として前年度の価格に据え置かれます。
 この評価額が3年間据え置かれます。
 (なお、増改築又は破損等がある家屋については、これらを考慮して再評価されます。)
お問合せ
問合せ先: 税務課資産税係 内線 447
E-mail: shisanzei@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか