本文へジャンプ

固定資産税の閲覧制度

1.土地価格等縦覧帳簿および家屋価格等縦覧帳簿の縦覧

固定資産税の納税者が、他の土地(または家屋)の価格と所有の土地(または家屋)の価格との比較を通じて評価が適正かどうかを確認することができる制度です。

  1. 期間: 4月~固定資産税第1期納期限(土・日・祝日除く)
  2. 場所: 税務課資産税係窓口(市役所1階13番窓口)
  3. 持ち物: 印鑑、本人確認ができるもの、代理人は委任状等
  4. 縦覧帳簿の内容:
        土地・・・所在、地番、地目、地積、価格
        家屋・・・所在、家屋番号、種類、構造、床面積、建築年、価格
  5. 縦覧できる物件:
        土地・・・近隣の同地目の土地
        家屋・・・同種類、同構造の家屋
  6. 縦覧できる人:
        土地・・・市内に所在する土地の固定資産税納税者(土地のみ所有している方は、土地のみ縦覧できます。)
        家屋・・・市内に所在する家屋の固定資産税納税者(家屋のみ所有している方は、家屋のみ縦覧できます。)
        ※ 本人及び同居の家族、納税管理人、委任を受けた代理人(委任状が必要です。)
        ※ 固定資産を所有していても課税標準額が免税点未満で固定資産税を納付していない人は縦覧できません。
  7. 手数料: 無料(写しの交付はおこないません)

2.固定資産課税台帳の閲覧

所有する固定資産(土地・家屋)の一覧になった固定資産課税台帳の閲覧
  1. 期間: その年度の4月以降
  2. 場所: 税務課資産税係窓口(市役所1階13番窓口)
  3. 持ち物: 印鑑、本人確認ができるもの、代理人は委任状等
  4. 閲覧できる人: 本人及び同居の家族、納税管理人、委任を受けた代理人(委任状が必要です。)、
        借地人・借家人(賃貸契約書等関係書類の提示が必要です。この場合、該当する部分のみの閲覧となります。)
  5. 手数料:1件300円、写しが必要な場合は2枚目以降の枚数×20円が加算されます。
※ 手数料についての注意点:
 ア.縦覧帳簿の縦覧期間中は、窓口において固定資産課税台帳の閲覧手数料は無料になります。
 イ.写しが必要な場合はコピー代として枚数×20円が必要です。
 ウ.郵送での請求の場合は、通常の手数料(閲覧手数料300円+写しのコピー代)が必要です。