本文へジャンプ

ケーブルテレビ 自主放送チャンネル「ダビング10」の対応について


自主放送チャンネルの、コンテンツ権利保護への対応に伴い、ダビング制限(ダビング10)を平成26年10月6日から実施しています。

【対象チャンネル】自主放送チャンネル(121ch・122ch・123ch)

 これは、(社)日本ケーブルテレビ連盟が定める『地上デジタル放送ネットワークでのCATV自主放送運用ガイドライン』において、「デジタル・コンテンツは高品質に複製可能であることから、原則としてコンテンツ権利保護が必要」とされており、地上デジタル放送と同様にダビング制限による対応を要するものであります。
 ご理解・ご協力いただきますよう、お願いいたします。

【参考リンク】
 コピー制御とダビング10について (一般社団法人 放送サービス高度化推進協会)