本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市長の部屋の中の市長と語ろう!まちづくり懇談会の中の平成18年度から大町民話の里づくりもんぺの会(平成18年12月)
更新日: 2007年1月13日

大町民話の里づくりもんぺの会

日 時 平成18年12月7日 午後6時から7時30分
場 所 市役所 庁議室
懇談した団体等名 大町民話の里づくりもんぺの会
出席者 大町民話の里づくりもんぺの会 会長ほか6名
市 側 市長 牛越徹 庶務課広聴広報担当係長 勝野礼二

○会からのご提言・要望
(1)もんぺの会の運営について
  • 笑顔と元気でまちづくり事業で、3年間補助金をいただいてきた。これからの活動を良い方向にいくアドバイスをいただきたい。今の活動では、収益を得るものではない。観光、教育、商店街などと連携して力を借りたい。
  • 行政と市民が一体で活動することはもっともだが、活動のノウハウなど行政から手を差し伸べてほしい。
  • 日本民話会で、2年後くらいに800人程度の会員が大町を訪れる計画がある。応援をお願いしたい。
  • 市のHPで会の活動をPRできないか。
(2)民話の里づくりについて
  • 大町が民話の里として、新しい観光のスタイルができればと思う。
  • まだ知られていない民話がたくさんあると思う。その掘り起しが課題。子ども達にも地道に文化を伝えたい。
  • 大町の民話のある地を巡る企画を考えたい。
  • 民話に出てくる地名の個所に、説明する立て札などの看板を設置して、散策道として結び、新しい観光名所にすればどうか。
  • 昔の暮らしの体験では、美麻の中村家が使えるのではないか。予約があったとき会で行って語りを聞いてもらうことも良いと思う。
  • 紙粘土人形づくりでは、王子神社の舞台と流鏑馬に挑戦したい。商店街に飾りたいと思うが、難しい状況。
  • 民話の里を市でもPRしてほしい。
  • 市民も市の職員も地元のことを知らない。一緒に勉強したい。
(3)観光振興策について
  • 都会の人は、従来の見て歩く観光から、田舎の暮らしを見たり体験したい人がたくさんいる。大町にはそれがあると思う。民話の語りを柱にしたい。
  • 信濃大町駅前がさみしい。大町が、何をテーマにまちづくりをしているか分からない。
(4)会と商店街の連携について
  • 会津若松では、商店街でトイレを貸してくれるお店には、トイレマークが貼ってあったり、湯茶のサービスがあった。そんな商店街になればと思う。
  • 八日町の通りを、民話通りとしてウインドウを貸してもらって、人形を飾れないかと思う。

○市長からのお答え・提案
(1)もんぺの会の運営について
  • 笑顔と元気でまちづくり事業は、市民の自発的な地域づくりへの取組みに補助することがその趣旨。この制度は、18年度で終わるが、19年度以降は地域づくりを応援する制度を新しく作りたいと考えている。大勢の皆さんが取り組む地域づくりの活動を応援したい。
  • 事業の立ち上がりでは行政も応援するが、収益を上げて自転していくことが望ましい。いつまでも補助頼みは、その活動にとっても好ましくない。そこを考えて企画してほしい。
  • 民話の発掘を、事業の柱にすることもよいのでは。
  • 県内には、多くの語りの会があるとラジオで聞いたことがある。そうしたグループとのネットワークづくりや情報交換ができればどうか。
  • 日本民話会の来市には、協力したい。
  • 街づくりの活動をしている団体の市HPでのPRは、検討したい。
(2)民話の里づくりについて
  • 民話のゆかりの地への立て札のアイデアは、面白いと思う。
  • 語りの場の確保については、温泉など大勢人が集まる場所で時間を決めて開催することもいいと思う。
  • 作品の展示は、中心商店街多目的ホールで開催したらどうか。
  • 市の広報紙で、市内でがんばっている団体の紹介コーナーを、検討する。
  • 職員が地域の活動に飛び込むことは大切。市への信頼の面でもプラス。本人も伸びると思う。職員は行政と市民の橋渡し役になるよう呼びかけている。
(3)観光振興策について
  • 今の観光は、博物館などを見る観光から、体験型に変わってきている。街中の暮らしの体験なども面白い。
  • 19年度から始まる市第4次総合計画基本構想を策定中。美しく豊かな自然文化の風薫るきらり輝くおおまちを将来像とする計画。キーワードを作れば終わりではなく、まちづくりに生かしていきたい。
(4)会と商店街との連携について
  • 大町にもコーヒーのサービスをしてくれる商店があるが、会津若松の取組みは、商店街ににぎわいが戻るキーワードになると思う。
  • 民話通りについては、2年後の日本民話会のイベント時に、その期間でも試験的にやってみたらどうか。
お問合せ
問合せ先: 情報交通課広聴広報係 内線 404
E-mail: kouhou@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか