本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市長の部屋の中の市長と語ろう!まちづくり懇談会の中の平成18年度から読み聞かせを進める市民の会(平成18年11月)
更新日: 2006年12月10日

読み聞かせを進める市民の会

概要
日時 平成18年11月10日  午前10時から11時
場所 市役所  市長応接室
懇談した団体等名 読み聞かせを進める市民の会
出席者 読み聞かせを進める市民の会  会長・同副会長
市側 市長  牛越徹    庶務課広聴広報担当係長  勝野礼二

○会からのご提言・要望

(1)会の活動について
  • 読み聞かせを進める市民の会の活動は、青少年育成の国の要領に基づき、内閣府の仕事として平成12年から始まった。青少年育成に関することならどんなことでもよいと、15人が任命され、子どもたちの心を育てようと、読み聞かせを推進することにした。それが市民運動になって、現在につながった。

    (2)読書の大切さについて
  • 13年に前市長にお願いして、読書アドバイザー1名を配置してもらったが、今年になって、経費削減で削られた。図書館も人が少ないのでは。

  • まちづくりは人づくり、人づくりはまちづくりである。この視点が大町には足りないのではないか。福祉も大切だが、これから育っていく子どもたちを大切にしなければ。人づくりという面で、予算は教育問題については、少し膨らましていただきたい。

    (3)まちづくりについて
  • 私たちは、まちづくりを第一目標にしている。それから学力をつけるという教育の推進、心豊かな読書の里in大町だ。読書を中心に子育てをして、そこに移住したくなるようなまちづくり、これはお金のかかることではない。市民ぐるみの読書の運動が、私たちの最終目標だ。最重要施策として取り入れていただきたい。子どもを巻き込んだ犯罪が多発している。0歳児からの読み聞かせを通じた心のふれあいが、親子のきずなを強くする。幼いときからきちんとやらないと、いい街も何もないとい。補助をお願いしたいのではなくて、人づくりを大町市としてきちっと持ってほしい。

  • もうひとつの活動では、「大町市には日本一が10ある」で、生涯学習のまちづくりの一環だ。今年、市役所のロビーでも展示したが、あまり関心がない。情報発信をして、大町は誇れる町とPRが足りないのでは。12月から地域の宝探しをやろうと思う。それを全市的に広めたい。例えば、タクシーの運転手さんもお客さんが来たときに、大町には日本一の何があると宣伝するような活動だ。全市民が学習するべきだ。

  • NPOに対して、大町は職員も含めて違った感情を持っている。市民の力を引き出すにはNPOは、一番いいと思う。ボランティアの協議会がない。読書関係は私たちがまとめたが、まちづくりには、まとめるところがなく、本当の連携がない。市の第4次総合計画を立てるようだが、3次では何も進まなかった。実際動ける、市民が参画できるものを作ってほしい。

○市長からのお答え
  • 読み聞かせを、政策の柱の1つに組み込んでいきたい。学びの場・生涯学習の観点、子育て支援、それから協働の3つの軸の中に、読み聞かせの字句を入れるよう検討する。
  • ボランティア団体、各種の市民団体の情報交換するようなテーブルの設定を考えて見たい。
お問合せ
問合せ先: 情報交通課広聴広報係 内線 404
E-mail: kouhou@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか