本文へジャンプ

支援する市民活動とは

 大町市が支援する「市民活動」とは、市民の皆さんの自発的な意思に基づき、かつ広く市民生活の向上を目的とした非営利で公益的な活動をいい、政治活動や宗教活動および営利事業を主たる目的としていない活動をいいます。
  具体的には
  • 各地域の自治会、公民館活動
  • 共通の目的を持った市民活動、NPO活動(テーマ型)
  • 福祉活動などを行うボランティア活動
  • 企業が行う地域貢献活動や地域住民との協働による活動    などです。
 大町市ではこんな市民活動が行われています。
         市民活動団体の紹介はこちら →→→ 登録団体情報

市民活動・ボランティア活動Q&A

市民活動・ボランティア活動ってなあに?

 市民活動・ボランティア活動とは、市民一人ひとりの自発的な意志にもとづき、地域社会を住みよくする活動や地域や他者を支える活動などの社会的活動に携わることです。決して他人から強制されるものではありません。

 市民活動・ボランティア活動には次の基本があります。

 ☆基本1 自ら進んで行うという「自発性と自主性」がポイント
        ・・・でも、ムリは禁物です。
 ☆基本2 利益を求める活動ではない「無償性」
        ・・・利益はお金でなく、達成感と充実感!
 ☆基本3 地域の人や社会のための活動だから「公益性」
         ・・・心と心、手と手をつなげ、地域につながりの輪をつくれます。人の心の温かさや豊かさを実感できます!
 ☆基本4 新たな提案も可能。市民活動の独創性が社会をリードすることも!
        ・・・枠にとらわれない活動ができますが、責任もあります。
 
こうしたことから、大町市ではこの地域に古くからある「おたがいさま」の精神にもとづき、より多くの皆さんから、市民活動やボランティア活動に関わっていただいて、みんなの知恵と力を結集して、「きらり輝く大町」を創っていきたいと考えています。

 ■ 「市民活動」と「ボランティア活動」はどう違いますか?

 どちらも「私がやります」というボランティア(自発)の精神で、市民自身がさまざまな問題の解決に取り組むことです。
「ボランティア活動」が主に福祉領域から始まった個人の自発的な関わり方を表す言葉として使われてきたのに対して、「市民活動」は、地域のさまざまな問題解決行動を含むより大きなつながりと広がりを持った活動 のイメージがあります。
 しかし、近年では、ともに「市民自身が自発的にさまざまな問題の解決に取り組む活動」という、広い意味で使われることが多くなっています。

「市民活動」や「ボランティア活動」は必要ですか?

 私たちの社会には、公平性や平等性を原則とする行政サービスや、利益追求を目的とする企業のサービスでは扱いきれない多様なニーズがあります。
 市民自身による営利を目的としない「市民活動」や「ボランティア活動」はこうしたさまざまな問題を解決し、「行政」や「企業」とは、違った方法で、私たちの社会を豊かにしています。

「NPO」って何ですか?

 NPOとは、英語のNon-Profit Organization の頭文字をとった略で、訳すと「非営利組織」となります。株式会社などの営利を追求する企業とは異なり、「みんなのため、社会のため」に活動している非営利の組織を「NPO」といいます。
 国や県をはじめとする自治体も同じ非営利の組織ですから、これらと区分するために、NPOは「民間非営利組織」と通常呼ばれています。
 なお、特定非営利活動促進法(NPO法)により認証を受けた特定非営利活動法人(NPO法人)のみがNPOと思われている状況が見られますが、法人格を持たない任意団体も要件を満たしていればNPOと呼ばれます。

  大町市内の認証NPO法人はこちらをご覧下さい

市民活動に参加したいのですが?

 入り口はたくさんあります。まずは、自分がどんなことに興味があるのか考えてみましょう。何かしら自分の興味を引くものがあるはずです。自分の得意なことを生かすこともできます。
 さっそく市民活動サポートセンターにご相談ください。団体情報やイベント情報などから、活動に参加してみたい団体がきっと見つかるはずです。