本文へジャンプ

平成29年9月の参加行事

 9日、第31回淡水魚の日が、ザ・ビッグ信濃大町店前で開催されました。このイベントは、大町市漁業協同組合連絡協議会が地元の清冽な水で育った魚のおいしさを知ってもらうため、毎年、竈神社の例大祭に合わせて開いています。当日は、シナノユキマス、木崎マス、ヒメマス、アユ、ヤマメ、イワナが合計約500㎏用意され、それぞれが通常の半額以下の価格で水槽から直接販売されました。開始前には70人を超える人が列を作るなど、大勢の買い物客で賑わいました。市長は、「今年も、多くの皆さんにご来場いただきありがとうございます。秋の大町の食卓を新鮮な魚で飾っていただいていることに感謝します。」とあいさつした後、組合員の皆さんと一緒に売子を務め、購入を呼び掛けました。 第31回淡水魚の日 

女優の村井美樹さんへの信濃大町観光大使委嘱式  20日、女優の村井美樹さんへの信濃大町観光大使委嘱式が、東京都新宿区のDNPプラザで行われました。信濃大町観光大使は、市の魅力を広く国内外に発信することを目的に、市の出身者や市にゆかりのある著名人に委嘱しており、村井さんが13人目となります。村井さんは、大町市を紹介するテレビ番組でナビゲーターを務めたほか、プライベートでも大町市を訪れ、その都度、自身のSNS(ソーシャルネットワークサービス)で市の魅力を発信していただいています。市長は、「村井さんの目から見た地域の魅力を発信していただき、多くの皆様に北アルプスの麓に広がる大町市を知っていただけるよう、お力添えをお願いします。私たちも自ら地域を磨き上げるよう努めてまいります。」と期待を述べました。

 25日、第72回国民体育大会「笑顔つなぐえひめ国体」(愛媛県)に出場する市内の選手が市役所を表敬訪問しました。今回訪れたのは、体操の監督の國府方伸也さん(43=ジム・ネット体操教室)、選手の松村朱里さん(大町岳陽高2年)、坂口彩夏さん(大町第一中3年)、原田野乃花さん(大町第一中3年)、空手道の選手の相川夏凛さん(松本第一高1年)、クレー射撃の選手兼監督の奥原隆志さん(54=㈱奥原建材)です。奥原さんは2年連続5回目の出場となるなど、各選手の大会での活躍が期待されます。市長は、「皆さんの活躍はオリンピックにつながる可能性を秘めています。これからの活躍で世界に羽ばたいていくことを期待します。悔いのないように戦ってください。」と激励しました。「笑顔つなぐえひめ国体」(愛媛県)に出場する市内の選手が市役所を表敬訪問 

奥原希望選手の優勝祝賀会 30日、バドミントン世界選手権女子シングルスで日本勢初の金メダルに輝いた、当市出身の奥原希望選手の優勝祝賀会が、埼玉県大宮市で開かれました。この素晴らしい快挙に、市は特別栄誉賞を贈呈しました。祝賀会には、ご家族や支援者などが参加し、授賞式のほか出身の大町南小学校児童からの手書きの応援メッセージが手渡されました。市長は、「東京五輪に向け走り続けたいとの希望さんの一途な思いに寄り添い、夢が実現するよう一緒に走っていきたい。ひたむきな一本の道筋の先に栄光の舞台が待っている。」とお祝いの言葉を述べ、奥原さんは、「優勝できたがここがゴールではなく、3年後の東京五輪で最高のパフォーマンスができるよう、1日1日全力で準備をしていきたい。」と話しました。