本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市長の部屋の中の参加行事の記録の中の平成25年度から平成26年 3月の参加行事
更新日: 2014年4月5日

平成26年 3月の参加行事

豊かなろうごのための平地区市民の集い 1日、平公民館で豊かな老後のための平地区市民の集いが開催され、意見発表やアトラクションを通じて、豊かな老後を地域で支え合う社会づくりについて考えました。意見発表では、小中学校の子ども達が日頃取り組んでいる福祉活動について、活動の成果や意見を発表しました。また、アトラクションでは、スポーツ吹矢が実演され、年齢・性別を問わず手軽に行える新しいスポーツとして紹介されました。
 市長は、「人と人との交わりが薄くなっている今、心豊かに過ごすことが重要なテーマとなっています。この集いが皆さんのこれからの生活に役立つことをお祈りします。」とあいさつしました。


 11日、「観光キャンペーン大町レディース」認定証授与式が商工会議所で行われました。昨年就任した第18代の野本早有美さんに加え、新たに第19代として、西澤彩さんが就任しました。任期の2年間に、様々なイベントで大町のPR活動に取り組んでいただきます。
 市長は、「今年は市制60周年という市にとって大きな節目の年になり、大町レディースのお二人の果たす役割は非常に大きいと思います。より多くの皆様に大町にお越しいただけるよう、地域の魅力を全国に向けて発信していただき、交流の輪が広がりますよう祈念します。」とあいさつしました。
大町レディース認定賞授与式


大町陶芸の家閉講式 13日、大町市陶芸の家の平成25年度の閉講式が開かれました。会場には会員の皆さんが作った作品222点が並べられ、1年間の活動を振り返りました。式では活動日全てに参加した5人の会員の皆さんに皆勤賞が贈られ、その後、作品の鑑賞会が行われました。
 市長は、「年間を通じて、ふれあい広場や市文化祭にたくさんの作品を出品していただき、会場を盛り上げていただきました。皆さんの作られた珠玉の作品は未来永劫残ります。創作活動を通じて仲間づくり、さらには地域のきらり輝く魅力を高めることに繋げていただきたいと思います。」とあいさつしました。


 15日、市民の皆さんが自主的に実施するまちづくり活動を支援する「きらり輝く協働のまちづくり事業」の平成25年度最終報告会がサンアルプス大町で開催されました。助成を受けた13団体が活動内容を報告し、今後の取組みや課題等について意見交換を行いました。
 市長は、「市民の皆さんの取組みは、様々な分野に広がりを見せ、さらに深まった活動となっており、そしてより大きな協働の仕組みが出来てきたと感じます。本日は皆さんが1年間一生懸命に取り組んだ活動の成果を思う存分に発表していただきたいと思います。」とあいさつしました。
きらり輝く協働のまちづくり報告会


大町北小卒業式 18日、19日に市内小中学校の卒業式が行われました。
 北小学校では中学校の制服を身にまとった卒業生が、校長先生から卒業証書を受け取り、その凛々しい姿を保護者や在校生に披露しました。
 市長は祝辞で、「小学校の6年間は楽しかったこと、辛かったことなど数えきれないほどの思い出が作られたことでしょう。その間、ご家族をはじめ、たくさんの方々の応援、支えがあったことを決して忘れず、その支えを力にして、中学校では勉強やスポーツに力いっぱい取り組んでください。」と述べました。


 24日、第4回信濃おおまち達人検定で最も難度の高い「上級コース」に合格した6人の皆さんへの認定証の授与式が行われました。昨年より始まった上級コースは記述式のうえ、非常に難問であったため、今回が初の合格者の誕生となりました。合格者には認定証のほか、記念品のピンバッジや名刺が贈られ、さらに、特典として市内博物館の1年間無料利用券が贈られました。
 市長は、「最難関を見事突破された皆さまの日頃のご努力に敬意を表します。これからは大町の良さをたくさんの皆さんに伝え、広めていただく伝道師として、今後のご活躍を期待します。」とお祝いの言葉を述べました。
信濃大町達人検定認定賞授与式


山岳博物館リニューアル 29日、山岳博物館が展示改修工事を終え、リニューアルオープンしました。装い新たな博物館は、「北アルプスの自然と人」をテーマとして、1階には北アルプスと人のかかわりについて、2階には地球、日本列島の生い立ちについての資料や、多様な生物のはく製が展示されています。
 式典で市長は、「展示改修にあたりご協力いただきました皆さま方に深く感謝申し上げます。山岳博物館を拠点として、21世紀にふさわしい山岳文化の発展と創造を目指して、自然と人とが共生するまちづくりに市を挙げて邁進してまいります。」とあいさつしました。
お問合せ
問合せ先: 庶務課秘書係 内線 507
E-mail: hisyo@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか