本文へジャンプ

平成25年5月の参加行事

お笑い芸人の鉄拳さんの信濃大町観光大使就任式
 1日、吉本興業東京本部で、お笑い芸人の鉄拳さんの信濃大町観光大使就任式が行われました。就任式には50人を超える報道陣が駆けつけ、市からは市長のほか、おおまぴょんやくろにょんも出席し就任を祝いました。また、同じ長野県出身の芸人のもう中学生さんが駆けつけ、会場を盛り上げました。
 鉄拳さんは、報道陣から大町市の新キャラクターを考案するよう求められると、現在鉄拳さんのパラパラ漫画が作中に挿入されている、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」にかけた“山女(やま)ちゃん”を、即興で描き上げ、「大町市からアイドルを輩出したい」と意気込んでいました。


 3日、運動公園多目的広場で、大町ソフトボール連盟リーグ戦開幕式が行われました。本年度は、昨年度より1チーム少ない18チームが参加し、総当たり戦で優勝を争います。開幕式では、記念事業として、連盟より車いす7台を市に寄贈していただき、島田会長より市長へ目録が手渡されました。 市長は、「スポーツを通じて、健康づくり、仲間づくりを進めていただき、それが地域づくりに繋がればと思います。」とあいさつし、始球式ではピッチャーを務めました。
大町ソフトボール連盟リーグ戦開幕式


市立大町総合病院で、第3回病院祭 19日、市立大町総合病院で、第3回病院祭が開催されました。当日は天候にも恵まれ、約4,000人の来場者で賑わいました。「~つなげよう地域と医療の輪~ 温かい病院を目指して」をテーマに、観光大使で埼玉医科大学の藤巻高光先生の特別講演会が開かれました。また、ステージではお笑い芸人の鉄拳さんや、亘哲兵さんのライブなどが行われ、広場では、「大町病院を守る会」や駅前本通り商店街による物品の販売が行われました。また、病院内ではミニ健診や動脈硬化測定など、健康に関するイベントが行われていました。
 市長は、「温かい大町病院を目指して、スタッフ皆が力を合わせて頑張っていますが、まだ医師の先生が不足しています。大町病院を守る会をはじめ、多くの皆様の応援の中、病院が再生していくことを確信しています。引続きご支援をお願いいたします。」とあいさつしました。


 20日、黒部ダム50周年を祝う「くろよんまつり」で行われる「スペシャルパレード」に、東京ディズニーリゾート30周年を記念して全国を巡る「ザ・ハピネス・ツアー」のパレードが参加することになり、ミッキーマウスとミニーマウスがアンバサダーの永井綾香さんとともに市長を表敬訪問しました。 ミッキーとミニーは30周年記念の特別な衣装を身にまとい、市長と笑顔であいさつをかわし、アンバサダーの永井さんより市長へ30周年記念の盾が手渡されました。ミッキーマウスとミニーマウスがアンバサダーの永井綾香さんとともに市長を表敬訪問


黒部ダム50周年を祝う「くろよんまつり」が開催 25日、黒部ダム50周年を祝う「くろよんまつり」が開催されました。信濃大町駅前駐車場の特設ステージで行われたオープニングイベントでは、実行委員長の市長が「市内のさまざまな団体の皆様のご協力をいただき、素晴らしいお祭りにしたいと思います。全国各地で地域づくりの取り組みが盛んな中、当市でも市民参加と協働のまちづくりを進めています。本日は大町の元気を街から、黒部ダムから全国に発信していただきたいと思います。参加する皆さんは精一杯のパフォーマンスを楽しんでください。」とあいさつしました。 午後の「くろよんスペシャルパレード」には、およそ3万人の市民や観光客が来場し、まちなかは活気あふれる賑わいを見せました。