本文へジャンプ

平成24年11月の参加行事

市の功労者表彰式
  3日、市の功労者表彰式がJA大北会館アプロードで開かれました。今年は、農業や地方自治の振興、消防行政の推進、青少年の健全育成や、芸術文化、スポーツなどの分野で優れた業績を残された方々など、11人と2団体が受賞されました。
  市長は、「皆様の長きに亘る尊い取り組みは、まさに市の目指す市民参加と協働の精神に通じるものです。市といたしましても、市民の皆様のこうした協働の活動を積極的に応援し、力強く市民参加と協働によるまちづくりを推進してまいります。」と式辞を述べ、一人ひとりに賞状と記念品を手渡しました。

 10日、おたんじょ桜の里づくり記念植樹会が国営アルプスあづみの公園大町・松川地区のアルプス広場で開かれました。市内の小学校1年の児童など約400人が参加し、クラスごとに、樹齢6〜7年の市の木でもあるオオヤマザクラを合計9本植えました。
市長は、「一生懸命植えれば、皆さんと一緒に桜もすくすく育ちます。この場所もいずれ桜の名所となります。皆さんもいつか見に戻ってきてください。」とあいさつし、一緒に植樹しました。
おたんじょ桜の里づくり記念植樹会

地域産業活性化講演会
  17日、地域産業活性化講演会がフレンド・プラザ大町で開かれました。美麻地区に高原蔵を建設しブランド向上に取り組むマルコメ株式会社営業本部のマーケティング部PR課長須田信広氏と新規事業部長小池祥吾氏を講師に招き、地域の特性を活かした産業振興について学びました。
  市長は、「政府発表の月例経済報告では、4か月連続で下方修正となりました。地域づくりのために、心豊かに暮らしていくために、歯を食いしばってがんばっていかなくてはなりません。地域にある資源を活かした活性化策を考えていきましょう。」とあいさつしました。

  18日、市民参加と協働のまちづくりフォーラムが大町公民館分室で開かれました。「市民主役のまちづくりに参加しよう!」をテーマに、市内で活躍中の5つの市民団体の代表の方々が、パネルディスカッションによりさまざまな課題や今後の方向性などについて討論し、参加した市民の皆さんは熱心に聞き入っていました。
  市長は開会にあたり、「このフォーラムにより、身近でできることから取り組む協働の輪が広がっていくことを期待します。行政も、市民生活サポートセンターを橋渡し役として一緒に取り組んでまいります。」とあいさつしました。
市民参加と協働のまちづくりフォーラム

明日香荘のリニューアルオープンセレモニー
  23日、八坂地区にある明日香荘のリニューアルオープンセレモニーが開かれました。営業の休止後、市内の事業者を新たな指定管理者に選定して準備を進め、この日に全面再開することができました。
  市長は、「施設を全面的にリニューアルし、新たなスタートを迎えました。信頼の回復に努め、八坂地区がより一層輝きますよう、行政としても努めてまいります。」とあいさつしました。

  23日、大町市技能農業功労者褒章及び大町市優良建設工事表彰がJA大北会館アプロードで開かれました。日ごろから各業界で活躍し発展に貢献した、技能功労4職種6人、農業功労3人が褒章を受章し、4社が優良工事で表彰されました。
  市長は、「皆さんの卓越した技術は地域を支える大きな力であり、まちづくりに欠かせない活力を生みます。今後も熟練の技術を、地域の発展と後継者育成のために尽していただきたいと思います。」と式辞を述べました。
大町市技能農業功労者褒章及び大町市優良建設工事表彰