本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市長の部屋の中の参加行事の記録の中の平成23年度から平成24年 2月の参加行事
更新日: 2012年2月27日

平成24年2月の参加行事

第2回信濃おおまち達人検定
  4日、第2回信濃おおまち達人検定がサン・アルプス大町で開かれました。2回目を迎えた今年は、新たに中級コースが新設され、ジュニアコース、初級コースとあわせ、約90人が達人を目指し、難問に挑みました。
  市長は検定に先立ち、「地域への愛着、人と人との支え合いの心を深めていただくのがこの達人検定の目的です。地域と人の絆を深め、大町を大いに宣伝してください。」とあいさつしました。
 
  4日、おおまち雪まつり「夢花火と音の祭典」が始まり、大町温泉郷でオープニングセレモニーが開かれました。会場は大きなかまくらとスノーキャンドルで囲まれ、大町市民吹奏楽団、大町流鏑馬太鼓の演奏や花火、どんど焼きが彩りを添え、県内外から訪れた多くの観光客でにぎわいました。
  市長は、「この雪まつりをはじめ、大町では冬に多彩なイベントが行われます。これからも、冬の大町を堪能していただきたいと思います。」とあいさつしました。
おおまち雪まつり「夢花火と音の祭典」
 
県庁を訪れて要望活動
  14日、市長は県庁を訪れ、阿部守一知事、村石正郎県議会議長に、それぞれ要望活動を行いました。市長は、地域高規格道路松本糸魚川連絡道路長野県側ルート建設促進協議会と国営アルプスあづみの公園及び周辺地域整備促進期成同盟会の会長を務めており、それぞれの同盟会として、坂中大町商工会議所会頭らとともに、松糸道路の早期建設、国営公園の未整備エリアの整備促進などを求め、意見交換しました。
 
  14日、「一般廃棄物処理施設の現状」についての講演会が市役所東大会議室で開かれました。講師に財団法人日本環境衛生センター速水章一氏を迎え、安全・安心なまちづくりに向けて、一般廃棄物処理施設の意義・現状を学ぶため計画されました。
  市長は、「広域連合で進めているごみ処理施設整備については、地域の皆さんの合意を得ることができるよう、手法を模索していますが、原点に立ち返り、一般廃棄物処理施設の現状を知る必要があります。今日が、新しい処理施設を建設する第一歩となることを期待します。」とあいさつしました。
 
、「一般廃棄物処理施設の現状」についての講演会

大町市民スキー大会
  19日、大町市民スキー大会が爺ヶ岳スキー場で開かれました。約170人の選手が、全長1500メートル、標高差240メートルのコースに挑み、見事なシュプールを描いていました。
  市長は、「選手の皆さんは、幼稚園の年長さんから70歳以上の方までいらっしゃいます。このうち小学生は80人です。ぜひ、大町から世界に羽ばたいてほしいと思います。」とあいさつし、選手にエールを送りました。
 
お問合せ
問合せ先: 庶務課秘書係 内線 507
E-mail: hisyo@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか