本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市長の部屋の中の参加行事の記録の中の平成23年度から平成23年10月の参加行事
更新日: 2011年10月27日

平成23年10月の参加行事

赤い羽根共同募金運動
  1日、「赤い羽根共同募金運動」が全国一斉にスタートし街頭募金活動が行われ、市内大型店前で市長は大町北高ボランティア部の生徒と共に協力を呼びかけました。運動は12月末まで行われ、地域の福祉活動に役立てられます。
  市長は、「今年は地域の絆、支え合いを求める市民の願いが高まっています。大勢の皆さんに助け合いの輪が広がっていくことを願っています。」とあいさつしました。

  5日、第50回記念長野県調理師会料理コンクール大北大会が開かれました。「大地の恵みを技でさかせ、信濃の未来へ希望を継ぐ食の祭典」をテーマに全県の料理人たちが腕を競い、色華やかな季節感あふれる料理が会場に並びました。
  市長は、「50回の記念すべき大会を大町市で開催していただきました。大町は、北アルプスの麓、豊かな資源、おいしい水、清らかな空気に恵まれています。このすばらしい環境で育まれた食材の特性を活かし、すばらしいコンクールになることを祈念いたします。」とあいさつしました。
第50回記念長野県調理師会料理コンクール大北大会

市民ふれあい広場
  8日、市民ふれあい広場が文化会館前広場で開かれました。「やさしさいっぱい・支え愛のまちづくり」をスローガンとする市民ふれあい広場は、今年はサブテーマに「東日本大震災復興支援」を掲げ、災害ボランティアの活動記録のパネル展示や被災地の地場産品の販売なども行われました。
  市長は、「今年13回目を迎えた市民ふれあい広場は、市民に定着しています。大勢の皆さんの交流の場、地域の絆を確認する場、そして助け合う、支え合うことを確認する場となることを期待します。」とあいさつしました。

  9日、清水長畑の水田でどろんこドッジボール大会が開かれました。子どもたちが地元の田んぼで遊んで学び、郷土愛を育んでほしいと大町青年会議所により企画されたもので、大人から子どもまで7チーム約110人が参加し、熱戦を繰り広げました。5月に田植え前の田んぼで開くように計画されましたが台風のために中止となり、この日に開催となりました。
  市長は、「透きとおるような秋晴れのもと、泥とまみれ、自然と戯れる楽しさを体感し、楽しんでください。」とあいさつし、試合にも一緒に参加し、泥まみれになりながらボールを追いかけました。
どろんこドッジボール大会

第28回大町アルプスマラソン
  16日、第28回大町アルプスマラソンが運動公園陸上競技場を主会場に開かれました。今年は、昨年を大幅に上回る3200人を超えるランナーがエントリーし、さわやかな汗を流しました。
  市長は、「昨夜から降り続いた雨のため天気を心配しましたが、抜けるような秋空になりました。絶好のコンディションのなか、鍛えた練習の成果が十分発揮できるようお祈りします。」とあいさつしました。

  22日、おたんじょ桜植樹会が国営アルプスあづみの公園で行われました。市内の小学1年生と、今年は、コンサートに来園していたロックシンガーの白井貴子さんも参加し、10本のオオヤマザクラをみんなで協力して植えました。
  市長は、「おたんじょ桜は平成12年からはじまり、市内各地に植樹し、今日は記念すべき300本目です。この会場に植樹するのは2年目ですが、これからも数年続けて桜の名所にしたいと思います。皆さんが植えた桜を、これからも足を運んで見に来てほしいと思います。」とあいさつしました。
おたんじょ桜植樹会
お問合せ
問合せ先: 庶務課秘書係 内線 507
E-mail: hisyo@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか