本文へジャンプ
大町市。北アルプスの麓、信濃大町。 
サイトマップスマートフォンサイト
Google  
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする
トップページ市民の方へ施設案内事業者の方へ観光情報イベント
現在のページ
現在位置:HOMEの中の市長の部屋の中の参加行事の記録の中の平成23年度から平成23年 6月の参加行事
更新日: 2011年7月4日

平成23年6月の参加行事

信濃おおまち野外塾
    4〜5日、大町市で信濃おおまち野外塾が開かれました。このイベントは、フライフィッシングを楽しみ、その魅力を伝えようというもので、全国から34人が参加しました。
  4日には、中心商店街の麻倉で開会式が行われ、市長は、「大町市は、川が多く釣りのフィールドが広がっています。今日は、北アルプスの峰々が見え、最高の天気を用意しました。存分に楽しんでください。」と歓迎のあいさつをしました。

  11〜12日、大町市で第49回北信越壮年ソフトボール選手権大会及び第15回北信越シニアソフトボール選手権大会が開かれました。11日に、勤労青少年ホームで代表者会議が開かれ、市長は、各県大会を勝ち抜いてきたチームを歓迎し、「大町市は、ソフトボールをはじめスポーツが盛んな地域です。スポーツは、体力、健康づくりとともに仲間づくりであり、仲間づくりは地域づくりにつながると思います。スポーツを通じ、皆さんの目標を達成できますようお祈りします。」とあいさつしました。
第49回北信越壮年ソフトボール選手権大会

人権を考える市民の集い
  15日、人権を考える市民の集いが平公民館で開かれました。第一中学校1年栗林日菜さんの「いじめについて今、考えること」と題した意見発表や、NPO法人グループもみじ理事長の田中正廣さんの「認知症の人を地域で支える」をテーマにした講演などが行われました。
  市長は、「人権の大切さは、命の尊さと同じです。本日の集いが、一人ひとりが人権を考え直し、ともに考える機会となり、人権の輪が広がることを期待します。」とあいさつしました。

  19日、第17回男女共同参画フォーラムが大町公民館分室で開かれ、「命の輝きと、家族の絆〜映画「折り梅」に描いた、こころの介護〜」と題した映画監督の松井久子さんの講演が行われました。
  市長は、「男女共同参画の考えは、頭でわかっていても行動につながらないことが多い。男女共同参画の取り組みが、理念から実践につながっていくようにしていきたい。」とあいさつしました。
第17回男女共同参画フォーラム

第44回大北公民館大会
 
  25日、第44回大北公民館大会が美麻小中学校で開かれました。公民館活動に携わっている方をはじめ、大北地域に住む方々が参加し、源流美麻太鼓の皆さんの演奏や、メンドシーノとの交流をテーマとした講演など様々な研修が行われました。
  市長は、「公民館は、地域づくり、人材育成、生涯学習の場として、地域の拠点です。地域のきずな、人と人とのきずなを育むためにも、公民館活動は重要です。」とあいさつしました。

  29日、姉妹都市のアメリカ、メンドシーノからの訪問団が大町市を訪れ、歓迎セレモニーが塩の道博物館と美麻公民館で行われました。今年は、交流が始まって30周年に当たり、相互の訪問交流も20回目を迎えました。
  市長は、「昨年に引続き、芸術家の皆さんとも交流できることをうれしく思います。芸術交流を通じ、たくさんの友達を作り、大町のよいところを知っていただきたい。大町での1週間の滞在で、さらに絆が深まることを期待しています。」と歓迎のあいさつをしました。
メンドシーノ訪問団歓迎セレモニー
お問合せ
問合せ先: 庶務課秘書係 内線 507
E-mail: hisyo@city.omachi.nagano.jp
アンケート
 より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください。
 なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。問合せ先に電話またはメールでお願いします。
このページは役に立ちましたか